呼吸法:鼻呼吸、それとも口呼吸?その理由とメリットは?

鼻呼吸、それとも口呼吸?その理由とメリットは?

 

あなたは鼻から呼吸していますか。
それとも口から?

自分がいつもどんな呼吸をしているか知っていますか?
もしくはお子さんがテレビを
見ている時によく口を開けていますか?

もちろんリラックスした時間も必要です。

でも口呼吸が習慣化になっていませんか。

鼻からの呼吸は吸った空気を
鼻のフィルターで濾過してくれます。

つまり、不必要なホコリ、ウイルス、細菌等を
鼻毛や鼻の粘膜がこれらの異物の
大部分を取り除く役割をしてくれます。

あなたはよく風邪を引きやすいですか?

もしそうなら意識して鼻呼吸をしてみませんか?

今まで無意識に口呼吸をしていた方は
慣れるまでは鼻で呼吸をしているかなと
意識を向けてみて下さいね。

車の運転を思い出してみて下さい。

慣れないと意識してあれこれ注意を払いますが、
慣れると意識しなくても自然と
注意を払って運転していますよね。

それと同じで鼻呼吸を意識してやってみて下さい。

そしてちょっと慣れたらお腹まで
深く息を吸っているかお腹に手を当てて
チェックしてみて下さいね。 

 

 

 

腹式呼吸の効果は

ポシティブなイメージですると倍増

 

さて11月も末になると気温も下がり
体もキュッと緊張気味なことがありませんか?

スイスの街は繰り出すと
クリスマスモード。。。
先週末のブラックフライデーは
ショッピングセンターに行ったらすごい人でした。

周りの人々もなんとなくせわしい感じ。

寒くなるこの時期
時間に追われて生活していると
呼吸も浅くなることがあります。

集中力がない

寝つきが悪い

眠りが浅い

朝起きた時に疲れが取れていない

だるくて不調を感じる

 

こんな症状を感じるかもしれません。

この状態を放っておくと血流の流れが
悪くなり免疫力も低下します。

 

免疫力が低下すれば
病気になりやすくなります。

 

なんだかイライラしているな
リラックスしていないなと
感じた時は腹式呼吸を思い出して
やってみませんか。

腹式呼吸、鼻呼吸についてはこちらをクリック

腹式呼吸でしっかりお腹まで息を吸って
ゆっくりとゆっくりと吐いてください。

出来れば屋外でほんの4、5分でもかまいません。

この時にあなたの好きな場所、

心地がいいなと思った場所(例:海や森)

があればそれをイメージしてやってみてください。

 

 

 

 

 

ポシティブなイメージを

合わせてすれば

効果も倍になりますよ。

 

コメントする