海外在住者の遺骨。。。

もし

海外で不慮の事故に遭い

最悪の事態になった時

どうなるかご存知ですか?

 

 

もう何年か前になりますが

私達のアパートの上に住んでいた

80歳を超えた老夫婦が

仲良くオランダに旅行に出かけられました。

 

息子夫婦から誕生日に旅行をプレゼントされたと

それは嬉しそうに洗濯場で

語ってくれたのをよく覚えています。

 

しかし奥様の方が旅行先のオランダで

急に具合が悪くなりお亡くなりになりました。

 

海外で死亡した場合、手続きが複雑で時間がかかると

ご主人だけが先にスイスに戻って

葬儀の準備をご家族としておられました。

 

そして火葬されてお骨の入った壺が後日届きました。

 

 

私のスイスの親戚の方でもう20年近く前に

旅行先のアイルランドでバイクの事故に遭い戻らぬ人に。。。

 

事故の前日にスイスの母親に電話があり

 

『マミー、ここは素晴らしいとこよ、

だからもう少し滞在するから』

と話されていたと。

 

アイルランドで火葬されて

両親がチューリッヒの空港にお骨の入った壺を

取りに行ったと聞きました。

 

(本人がアイルランドから出していた絵葉書が先に届いて

ご家族はどれだけ辛かったことかと察しました。)

 

もちろんどうしてもと希望すれば火葬されずに

飛行機で運ぶ手段もあるかと思います。

 

しかし費用などの点で皆さん、現地で火葬が通例のようです。

 

故人をひと目見たいと言う

日本人の感覚とは違うようです。

 

 

そして日本だと骨を親しい親族で拾うので

そんなに長時間は焼きませんよね。

 

スイスでは(多分他のヨーロッパの国の一部でも?!)

骨の原型をとどめないくらい高温で何時間も焼きます

壺には骨でなく実は故人の灰が入っています。

 

なんで灰の入った壺の話しをしたか。

と言うと

私達のような海外に住む外国人は故郷が二つあります。

 

日本か、今住んでいる国か。

どこにお墓を作るか。

 

散骨と言う手もあります

 

中には灰の入った壺を巡って

親族間で喧嘩になったと言う話しも聞きます。

 

亡くなった本人さんは散骨で000の海に

撒いてほしいと口頭で伝えていたので

残された旦那様と子供さんはそうしたかった。

 

しかし亡くなった方のご両親がそれを認めずにと

言うケースでもめて大変だったとのこと。

 

 

そんな時に

こうすれば簡単に解決できるのになあと

思うことがあり、それをお話したくて

シビアな話題に触れて見ました。

 

続きは次回お便りします。

 

 

今日も読んでくださり

ありがとうございました。

〜〜〜♪〜〜〜♪〜〜〜♪〜~  〜〜〜♪〜〜〜♪〜〜〜♪〜~  〜〜〜♪〜〜〜♪
この内容がお役にたてる方がもしいたら、ご紹介おねがいできますか?↓↓↓

“無料”脳卒中患者とその家族へ伝えたい12のステップメール登録はこちらをクリック

〜〜〜♪〜〜〜♪〜〜〜♪〜~  〜〜〜♪〜〜〜♪〜〜〜♪〜~  〜〜〜♪〜〜〜♪

皆さんにワクワクと幸せを💖💖💖

ラムサワー まさよ

【無料本性診断】で
あなたの気づいていなかった自分や
未来の診断!で楽しんでみませんか。
意外なあなたが発見できるかも!?
画像をクリック↓↓↓

 

スイスで楽〜に生きるメルマガの無料登録申し込みはこちらをクリック

💖スイス在住の方のプログはこちらでーす。💖
ちょっと気になる〜なクリックよろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へにほんブログ村 健康ブログへ

Twitter 始めました。

インスタグラムやってま〜す。

フォーローよろしくお願いします。

スイス 海外生活・情報ランキングに参加中
よろしかったらクリックして見てくださいね。

↓  ↓  ↓

♪〜〜〜♪〜〜〜♪〜〜〜
お問い合わせは
maramsauer(at)bluewin.ch
076 446 7089
までお気軽にどうぞ。
♪〜〜〜♪〜〜〜♪〜〜〜

コメントする