パート1 ドイツ語につまづいている方、これから勉強する方は必ずお読みください!私のガチ失敗談 

スイスからお届け!
痛み、不安、恐怖にフォーカスした人生から
ワクワク輝く未来へ
意識療法士®まさよで〜す。

◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇◆

♪〜〜〜♪〜〜〜♪〜〜〜♪〜~  〜〜〜♪

最近日本人の女性の方達との

素晴らしい出逢いのご縁に恵まれ

皆さんから色々なことをお聞きすることがあります

 

スイス在住歴も私より長い方から短い方から様々です。

 

でも皆さんのお話しがとっても新鮮で

刺激ビンビンの日々を送り、楽しんでおる

まさよです

 

その中で皆さんからドイツ語の

習得の苦労話しをよく耳にします

 

今でこそ通訳も私のライフワークの一つでありますが

実は習得するのにかなりの遠回りをしました。

 

その経験を今日お話ししたいと思います

 

私は1989年7月20日にスイスに初めて来ました

 

若い方はどんな昔か想像もつかないですよね。

昭和天皇が崩御された年でした (>_<)

元号が昭和から平成へ

 

ドイツ語のこんにちはを飛行機の中で

初めて知ったくらいで何〜〜〜も知らない状態でした

 

当時、私と主人とその家族と
 
つたない英語で会話をしていました
 
 
最初は義理の両親と同居していたので
 
しょっちゅう
 
辞書を引き引きの会話はお互いに
 
ストレスがあったはずです
 
 
 
ある日義理の父が仕事から帰ってきて
 
ボソッとドイツ語で語った単語を
 
拾って自分なりに訳すと
 
言葉の意味が理解出来ました
 
 
 
それは仕事から帰ってきて疲れているのに
 
家で英語を話さないといけないのは
 
面倒だあ!
 
と言う意味でした
 
 
 
 
それを機会にいつまでもドイツ語を
 
勉強しないでいるのは
 
みんなにストレスをかける
 
 
私はスイスにお嫁に来た
 
それはここに骨を埋める覚悟の上
 
だから
 
ドイツ語を学ぼうと決意しました
 
 
 
と言ってもスイスに来る前の
 
ワーキングホリデービザで
 
シドニーに行ったのに英語に手間取り
 
 
主人と出逢い
 
 
結局働くことはしないで
 
お金は稼げず
 
そのままスイスに来ました
 
 
だから貯金はほとんどない状態・・。
 
 
安くで学べるとこはないかと
 
色々探してもらうと一つだけありました
 
 
そこは好きな時間に
 
いつでも行って勉強できる言う
 
当時は斬新なシステムで
 
私にはピッタシでした
 
 
幸い仕事も日経の会社に50%の仕事が見つかり
 
お昼に仕事を終えると毎日のように
 
その語学学校に通い出しました
 
 
バブル崩壊寸前でしたが
 
チューリッヒの日系の企業では
 
日本人女性は引っ張りだこ
 
 
スイスパスポートも結婚と
 
同時に頂け
 
 
有り難く、運のいい時代に
 
スイスにお嫁に来たのは
 
幸いでした
 
 
 
たぶんその学校は今でもRapperswilにあるのでしょうか?
 
 
まずそこではドイツ語の初心者向きの
 
教科書を買いました
 
今でも我が家にある
 
私のドイツ語習得の歴史の一歩を
 
物語る教本と言えます
 
 
その語学学校に行くと
 
例えばその教科書のレッスン1の
 
カセットを借りて席について
 
机についているヘッドホンで
 
聞きます
 
 
わからない単語は辞書で自分で調べます
 
その文章を自分で言ってみる
 
その繰り返しです。
 
 
 
教室の前に先生が一人いつもいて
 
わからないことは前に行って
 
聞くようなシステムでした
 
 
 
その教室には色々な外国人が同じ空間で
 
それぞれの学びたい言語を
 
セルフスタディ(自習)していたんです
 
 
先生はスイス人の女性でした。
 
 
英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語など
 
マルチに対応できる方でした
 
 
セルフスタディも気が乗らないと外の休憩室で
 
時間を潰してもいいし、みんなとおしゃべりして
 
本当に自由にみんな学んで?
 
遊んで?いました
 
 
そうこうするうちに1989年10月20日に結婚した後
 
同居していた義理の両親のアパートのMeilenから
 
 
格安のアパートが見つかったので
 
 
 
同じチューリッヒ州のEgg
 
1990年2月に引っ越しました
 
 
私達二人の新生活がスタートしたわけです
 
 
 
その頃、ドイツ語=ハイジャーマンを少しづつ覚え
 
それを出来るだけ使うようにしていました
 
 
 

ちなみに

ハイジャーマンとスイスジャーマンの違いを

 
わかりやすく例えると
 

日本語と鹿児島弁くらい違います

 
 
 
しかしそのアパートはお年寄りがたくさん住んでいて
 
英語が通じない方がたくさんおられました
 
 
英語もしくはハイジャーマンを私が使うと
 
目に見えない距離感をすぐに感じました
 
 
そこで聞いたスイス語の単語を
 
ちょっと使ってみることにしました
 
 
例えば二つの単語を並べた、ごく簡単な言葉でした
 
シューン キシー。
 
良かったと言う意味です
 
 
日本人の私がスイス語を
 
口にしたのが意外だったようで
 
みんな褒めてくれて
 
そのお年寄り達と一気に距離が
 
縮まったのを感じました
 
 
そのお年寄り達と散歩に行ったり
 
お茶に呼ばれたりするようになり
 
スイス語をどんどん吸収していきました
 
 
 
そしてハイジャーマンの文法の
 
基本の格変化も冠詞(der, die, das)も
 
きちんと理解していないのに
 
 
そのセルフスタディの学校もだんだん遠ざかり
 
 
 
私のハイジャーマンは
 
どのくらいできるようになったかの
 
試験なども受けることなく
 
 
中途半端になんとなく行かなくなってしまいました
 
 
そして下手くそなスイス語の
 
会話中心になっていきました
 
 
妙なもので下手くそでも
 
スイス語もどきを頑張って話していると
 
スイスに溶け込もうとしている日本人と
 
受け入れられ、スイス人のママ友も増え
 
ていきました
 
 
 
しかしこの失敗に気づくのは長男が小学校に
 
行くようになる時だったので
 
スイスに来てから
 
なんと14年も経っていました
 
(((o(*゜▽゜*)o)))♡
 
 
長くなったので続きは次回へ

 

今日も最後まで
読んでいただきありがとうございました。

皆さんにワクワクと幸せ
 キラリ輝く未来を💖💖💖

ラムサワー まさよ

↓ いいねの1票入れて頂けると励みになります。
(パソコン、スマホ、タブレットもオッケーです)

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

こちらにも1票入れて頂けると嬉しいです。

↓  ↓  ↓


スイス(海外生活・情報)ランキング

Twitter始めました。

インスタグラムやってま〜す。

★ まさよのメルマガ等のご案内★

 

 

■ 意識療法士まさよの施術メニューについて ■

ニコニコ はじめての方へ

乙女のトキメキ施術メニュー・一覧

ラブラブ お客様の声

手紙 読むだけで元気をもらえるとお声を頂いております。まさよの無料メルマガ登録

手紙電話 お問い合わせはこちらへ

コメントする