肩こりでお悩みの方へ、Dübendorfの「Zürich Lymph-Seitai 」

辛い肩こりで悩んでいませんか?

 

スイス在住歴30年のまさよが異文化通訳士と意識療法士®として
医者と患者さんを通して、クライエント様とのやりとりを通じて気づいたこと、感じたことを
「肩こり」に特化して動画で説明させてもらいました。

 

こちらをご覧下さい。↓

肩こりがひどい時の対策「21選」

 

慢性の肩こりの症状が辛くなったら、まさよのマッサージ・整体へ

 

 

肩こりのセルフケアを続けているのになかなか改善されない、我慢出来ないような急な痛み、肩の痛みがつらい時は一度専門のセラピストに診てもらって下さいね。なぜなら人間は一つの動きに対して全身が上手に連動してカラダは使われています。全身を調整する必要が考えられます。そして痛みの原因の元が肉体的要因なのか、心・潜在的要因なのかをきちんと調べる必要もあります。
心配な時はまさよのマッサージ・整体にお気軽にお問い合わせください。

 

Masayo Ramsauer
Zürich Lymph-Seitai Smile
Dipl. Bewusstseins Therapeutin

住所:Bungertweg 3 CH-8600 Dübendorf, Switzerland
電話番号:076-446-7089

 

【整体とは?】

整体はソフトタッチの整体です。
体全体のゆがみ(筋肉、関節)を整えることで
血行が改善され体が軽くなります。
ボキボキ、痛い施術は行わないので
ご安心ください。
マッサージと指圧も組み合わせて
施術しますので眠くなるくらい
優しい施術です。

時間:約40分

料金:2回目以降120フラン 初回のみ140フラン

施術内容:整体、指圧、マッサージ

詳しい詳細資料をこちらでご覧ください。

 

月曜日〜金曜日7時〜20時

土曜日7時〜16時まで

上記以外の時間もご相談ください。

定休日 日曜祝日

完全予約制になります。

 

整体・マッサージコースの詳細はこちら

整体を受けたお客様の感想はこちら

↓↓↓

お問い合わせは気軽にこちらへ

 

Zürich Lymph-Seitai Smileへのアクセス

Adresse:Bungertweg 3 CH-8600 Dübendorf, Switzerland

 

肩こりの原因と対策について

 

1 長時間同じ姿勢でデスク・パソコンワークが原因で肩こりになってしまうことがあります。

長時間同じ姿勢でパソコンに向かっていると首、肩周りの筋肉に緊張が続き、肩がはり、それが原因で肩が痛い症状、肩こりがあらわれます。

 

何をしたらいい?

意識して自分で1時間置きに休憩を取るなど決めて休みを取るようにしましょう。

深呼吸して腕を上に持っていって下ろす動作などをして肩を動かしてみましょう。

バルコニーでもいいのでちょっと歩いて外の空気を吸うなどやってみましょう。

 

 

2 携帯、パソコンを長時間使用することにより目の疲れが原因で肩こりになってしまうことがあります。

携帯、パソコンを長く使っていると目の筋肉の緊張や疲労がたまり、肩こりの症状を引き起こすことがあります。

 

何をしたらいい?

時間を決めてコンピューターの画面から外の緑の景色や遠くを見るようにしましょう。

右手と左手の手のひらをしばらく擦ってその手を目の上に当てる

温かくなった手のひらを目に当てると、そこから目にエネルギーが流れ、疲れた目も気持ちも癒してくれます。

 

 

3 ストレスによる緊張からくる原因で肩こりを引き起こすことがあります。

肉体や精神にストレスを受けると筋肉が緊張してそのため、肩周辺の筋肉がこわばり慢性的な肩こりにつながります。

 

*右側だけ、肩こりのひどい方の症例:カウンセリングでいろいろお話をうかがっているといつも上司が右側に来て文句を言われていると言う例もありました。

 

何をしたらいい?

深呼吸をして呼吸を整えリラックスしてみましょう。

呼吸時にイメージ法を取り入れてみましょう。

この時にあなたの好きな場所、

心地がいいなと思った場所(例:海や森)

があればそれをイメージしてやってみてください。

あなたはこれをしていると嫌なことも忘れて、没頭できるような好きなことがありますか?

何をすると無意識に口角が上がるような好きなことがありますか?

自分がリラックスするようなこと、好きなことを知っていますか?

その中から楽しく出来ることをやってみましょう。

 

詳しくはこちらをご覧ください。↓

心が不安になった時の対処法10の行動

 

 

4 運動不足による血行不良も肩こりをまねきます。

日頃、体をあまり動かしていないと血行不良をまねき、肩こりの発症の原因になります。

何をしたらいい?

バス通勤なら一つ手前の停留所で降りて歩いてみましょう

エレベータを使わずに階段を意識して使ってみましょう

短い移動でも手を大げさに降って歩いたり、足を高くあげたりなど日々の生活に少しの運動を加えてみましょう。

 

 

5 寒さからの肩の緊張がおきて肩こりになってしまうことがあります。

冷房の効いた部屋や寒いところに長くいると不自然な力が入り筋肉が緊張します。寒さにより自律神経の乱れを引き起こし、筋肉が緊張して肩こりの原因になります。

 

何をしたらいい?

夏、冷房が極端に聴いた部屋ではカーディガンを羽織ったり、膝掛けを使いましょう。

冬、寒い外に出る時には首、手首、足首を温かくするように心がけましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。↓

冷え対策:首のつく部分・体のあの部分を温めましょう!

 

6 長時間同じ体勢での車の運転により肩こりになってしまうことがあります。

時間に余裕がないと目的場所まで途中休憩しないで長時間運転してしまうことがあり、それを頻繁に繰り返すと肩こりを引こ起こすことがあります。

 

何をしたらいい?

時間に余裕を持って目的地までの時間を見て運転に心がけましょう。そうすると気持ちにも余裕が出て、無意識の緊張が減ってくるでしょう。

一定時間運転をしたら無理をしないでパーキングなどに車を停めて一回外に出て体を動かしてみましょう。

深呼吸して腕を上に持っていって下ろす動作などをして肩を動かしてみましょう。

 

もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

肩こりがひどい時の対策「21選」

 

★ ご案内★

コメントする