まさよのプロフィール

スイスからお届け!
痛み、不安、恐怖にフォーカスした人生から
ワクワク輝く未来へ
意識療法士®まさよで〜す。

♪〜〜〜♪〜〜〜♪〜〜〜♪〜~  〜〜〜♪

意識療法士Ⓡは日本意識療法医学研究会の認定資格で、

整体・リンパマッサージやカウンセリングなどの
統合化された治療、意識療法を施術することができます
↓↓↓

日本意識医学研究会についてはこちらをクリック

スイスに来る前のまさよのこと知りたい方はこちら
↓↓↓
まさよの詳しいプロフィールはこちら 1966年から現在

スイスには1989年から在住
子供は19 歳と23歳

54歳の前向きな未亡人です!
**************************************

1999年日本人女性Mさんと
日本語のシュピールグルッペ
“エッグおやこの会”を立ち上げる

  当時の活動を紹介された新聞記事

 

 

 

 

 

 

 

現在もエッグおやこの会を引き継ぎ
ウースターたまごの会として
活動を続けておられます
↓↓↓
ウースターたまごの会

自分も含めそかく、孤独になりがちな
外国暮らしの仲間達と交流を深め

現地の暮らしをいかに快適に過ごせるように
なるか、お茶の時間に情報交換しあう

反面、スイス人と日本人の子育て感の
違いで人間関係に悩んだことも。
**************************************

2004年から2009年にかけては
ウースターのバザラの店主Mさん主催の
食の市(Foood Markt) にて

料理好きな日本人女性達と一緒に
日本食、和菓子、惣菜等を提供し
日本人とスイス人の交流にも企画参加する

その頃からスイス在住経験を生かして
スイスに住む日本人とスイス人、外国人の方の橋渡しを
催し、交流会、通訳等を通じてしたいなと思っていた。
**************************************

スイス人のママ友仲間から寿司教室をして欲しい
とのリクエストを受け、1年間定期的に
DübendorfのFamilienzentrumで開催

 

 

 

 

 

*************************************

仲良くなったブラジル人とフィリッピン人の
女性と異文化交流の会
(IKI: Interkultureller Infotreff)を
Dübendorfの Familienzentrumで立ち上げる

                        Ima, Nadjara & Masayo↓↓↓

外国人が興味のあるテーマを選びそれに適した
講師をお呼びしてスイスで暮らす外国人が

必要な情報を提供。スイス人も多数参加して
下さり、異文化交流に貢献 (約5年間活動)


********************************

そこに参加する国際結婚組の日本人の方や
駐在で一定期間滞在される日本人の方に

ボランティア通訳をするうちに異文化通訳
(Interkulturelles Dolmetschen)
と言う職業に大変興味を持つ。

約1年講座に通い資格取得
↓↓↓
Interpret: Interkulturelles Dolmetschen & Vermittelen


異文化通訳講座の仲間達と

この職業は医療、教育、社会福祉が
主な通訳分野ですので

大学病院、精神科、老人専門科、心理カウンセリング、
学校(幼稚園、小学校、中学、職業訓練学校)
社会福祉事務所等が主な通訳現場

 

スイス全土を異文化通訳者として飛び回る
医療通訳を通し、心の不調から体調を崩され、
鬱や自律神経失調症、統合失調症、
さらには自殺願望等の方がいることを知り

心と体の密接な関係に気付き

深い関心を持ちました

電話通訳の資格も取り、自宅もしくは
外出先で病院等からの緊急の電話通訳の
依頼も受ける

********************************

2013年12月主人(当時47歳)が脳梗塞発症
重度の右半身麻痺と言語障害に

(父も53歳の時に脳梗塞発症していた)

保険でカバー可能範囲のスイスのリハビリでは
進歩に限度があるのを感じ、

自ら理学療法、作業療法、言語療法を
習い主人と実践の日々。

大好きな生きがいでもある通訳の仕事も
主人のリハビリを優先し、断ることも度々。

 

男の子二人を抱え
職業訓練先探し(Lehre/レーレ)や
子供達の思春期にも直面。

 

主に主人の世話にいっぱいいっぱいで
今まで付き合いのあった友人達とも
疎遠になりがちになる。

 

それまで健康だけが取り柄だったが、
今まで経験したことのない何日も続く頭痛や
体の不調、疲労感を感じるようになりました。

**************************************

そんな頃、意識療法/統合療法と出会い治療を受ける

意識医学/意識療法とは?

施術中に初めて足のむくみを指摘され
“あっ本当だ”と知った

どんなに自分の体を見ていなかったか

自分の体の不調のサインさえも気付かない

自分の体と心に向き合っていない

自分を大切にしていなかったか気付く

 

そして自分の体調も回復し

心も前向きに変わってきたのを実感

まずは自分が好きな事を優先して

楽しく生きることの大切さを学ぶ!

 

自分の経験と意識療法/統合療法を通じて
スイスで暮らす女性の支援を一生の仕事に
しようと資格を取得し、
意識療法士® の仕事を始めました。

 

自宅で知人、友人らに施術を始める

月に1、2回はZoomを使ったオンラインセミナーで

日本の意識療法士仲間と研修会に参加して
新しい情報とスキルアップにつとめております

**********************************

2017年3月主人の突然の死を乗り越え

同年5月自宅をリフォームして治療院
Zürich Lymph-Seitai Smileを正式オープン

2019年7月から3部屋の治療院を自宅隣りにリニューアールオープン

整体、統合療法用の治療室、待合室、ワークショップ・陰ヨガセッション・瞑想セッション用の部屋でより寛げる空間を提供しております。

2020年3月からはコロナヴィールスの影響でオンラインのみのサービス提供となっております。

自宅にいながら移動時間もなく気軽にカウンセリング・陰ヨガセッション・瞑想セッションもカウンセリングを組み合わせてご利用頂いております。

・私自身が主人の病気、介護、リハビリの悩み
を長く抱え、自立・克服・
そして最愛の主人の死の悲しみを乗り越えた経験。

・スイスの義理の母(乳癌からの肺、脳への転移)
の末期癌

・スイスの叔母の尊厳死(全身性エリテマトーデス、脱水症状からの脳梗塞 →半身麻痺と言語障害)
Patientenverfügung (万が一の時の為の事前医療指示書)提示で延命治療は拒否

・スイスの義理の父の (前立腺癌からの骨転移、脳への転移)の末期癌

・父の老衰を最後まで寄り添い、看取った多数の経験から

特にパートナー、身内の方が病気、もしくは失くされてツライ思いをされている女性、シングルマザーの方達の治療・支援に力を入れています。大変な状況の中でも全ての女性に幸せな未来が待っています!

*2017年に実の父、主人、義理の父と
大切な家族を3人失いました。

治療に来られたクライアント様が帰る時には
体の痛みと心の不調から解放され
まるで違う明るい表情でお帰りになられる時に

この仕事をしてよかったと
幸せと喜びを感じます。

質問等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

メールでのご予約、お問い合わせ

体と心の具体的なお悩みは?
背中頭痛不安・鬱

◆現在オンラインでのサービスのみ
ご希望の施術をお選びください。
カウンセリング陰ヨガセッション瞑想セッション整体統合療法1統合療法2

お気軽にお問い合わせください。

※お問い合わせ後24時間以内にメールを返信いたします。