求めるよりも包むあり方を! メンター 馬場真一さん

意識療法士まさよのコンテンツ一覧

 
こんにちは

スイスからお届け!
痛み、不安、恐怖にフォーカスした人生から
ワクワク輝く未来へ
意識療法士®まさよで〜す。

◆◇*─*◇◆*─*◆◇*─*◇◆*─*◇◆

12月 11日 9時から11時
Zürich Lymph-Seitai Smileにて
4次元ポケットにいれておきたい
魔法のアイテムを見つける
意識の解放ワークショップ

よかったらご覧になってもらえたらとっても嬉しいです。
↓↓↓

4次元ポケットにいれておきたい 魔法のアイテムを見つける 意識の解放ワークショップ

♪〜〜〜♪〜〜〜♪〜〜〜♪〜~  〜〜〜♪

日々の出逢いの中でこの方のお話しは

素敵だなあと思う方がたくさんおられます

 

そして

私もメルマガ配信に使わせてもらっている

リザストですが

同じリザストを使ってメルマガを

配信している方の内容に感銘を

受けた記事などをここで

ご紹介させてもらおうと思います。

 

もちろん自分が必要な時に

読み返したいと言う趣旨があります。

私の尊敬するリザストの相馬さんのメンターでもある
↓↓↓
リザストの相馬さんについて

馬場真一さんの言葉です。

響く!

♪〜〜〜♪〜〜〜♪〜〜〜♪

 求めるよりも、包む在り方を。

 

今日は「求めるな、包め」というお話です。

 

人間ですから、ついつい感情が先走ったり、

距離が近いとさらにいろいろな問題も生じやすくなります。

 

そして、求める心にもいろんな形があります。

 

たとえば、直接的な「要求」や、促進という名の「コントロール」、

一見相手のために見えるけど、結局自分を守るための、

「ご機嫌取り(迎合)」、「同情」、「お伺い立て」、「誘導」など、

いろんな形を変えて表現されます。

 

しかしながら・・・

自分を高めていき、本質が研ぎ澄まされ、

自身の概念を超えた「ど真ん中」とオンライン出来た時に、

何かしらの、“予感が”生じます。

※「やばいぞ!!何か近いうちになにかが起きそうな気がする!!」的な。

 

また、これを機に他に求めることをやめ、

自らの本質とつながろうとした時、

 

自分の心が溢れ、心底ワクワクし始め、関わる環境(人や場所)に対する視点も広がり、

包む関わりに近づいていくことが出来るのではないでしょうか☆

 

そしてその時、その人は決して雄弁ではなく、

説明できないところに「理」があります。

 

そこにいるだけで、その場(人)が整う。

そこにいるだけで、その場(人)が潤う。

そこにいるだけで、その場(人)が引き締まる。

そこいいるだけで、その場(人)が活性化する。

そこにいるだけで、その場(人)が収まる。

そこいいるだけで、その場(人)が安定・安心する。

そこにいるだけで、その場(人)が浄化される。

 

馬場真一さん

↓↓↓

馬場真一さんについてはこちら

 

私もこうありたい! まさよ

♪〜〜〜♪〜〜〜♪〜〜〜♪

今日も最後まで

読んでいただきありがとうございました。

皆さんにワクワクと幸せ
 キラリ輝く未来を💖💖💖

ラムサワー まさよ

↓ いいねの1票入れて頂けると励みになります。
(パソコン、スマホ、タブレットもオッケーです)

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

こちらにも1票入れて頂けると嬉しいです。

↓  ↓  ↓


スイス(海外生活・情報)ランキング

Twitter始めました。

インスタグラムやってま〜す。

★ まさよのメルマガ等のご案内★

【無料】気になるレジェンドからあなたの潜在意識や未来を読み解く診断

【無料】脳卒中患者とその家族へ伝えたい12のステップメール 

【無料】スイスからお届け!痛み・不安・恐怖にフォーカスした人生からワクワク輝く人生へ まさよのメルマガ 

ラブラブメルマガ読者様限定・無料メイル相談はこちら

こちらはただ今準備中。もうしばらくお待ち下さいませ。

 

右矢印12月11日(火)9時から11時

★ 4次元ポケットにいれておきたい、魔法のアイテムを見つける
   意識の解放ワークショップ★ 
日本語とドイツ語で開催

ワークショップのお申し込みはこちら

↓↓↓

4次元ポケットにいれておきたい、魔法のアイテムを見つける 意識の解放ワークショップ

 

 

■ 意識療法士まさよの施術メニューについて ■

ニコニコ はじめての方へ

乙女のトキメキ施術メニュー・一覧

ラブラブ お客様の声

手紙 読むだけで元気をもらえるとお声を頂いております。まさよの無料メルマガ登録

手紙電話 お問い合わせはこちらへ

コメントする